あきゅらいず 秀くりーむ 解析

2014-07-10 14:30:17
テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓

あきゅらいず 秀くりーむ 解析

    皮膜力:★★★★☆

    保湿力:★★★☆☆  
   低刺激性:★★★☆☆     
 伸びの良さ:★★☆☆☆
   しっとり感:★★★☆☆   
 サラサラ感:★★☆☆☆
保湿持続性:★★★☆☆      
敏感肌適正:★★☆☆☆    
  価格適正:★★☆☆☆     (50g:3682円) 

  総合評価:★★☆☆☆

BG・グリセリン

などの水溶性成分に

スクワラン

という油剤を加えた処方です。

ベーシックな水と油のエマルジョン(クリーム)です。

なので濁ってますね。

少し茶褐色のような色が付いているのは、

クロレラやベニバナなど色素を含むエキス類が見られる為と思われます。

植物エキスが非常に大量に配合されていますね。

~エキスだけを数えてもなんと19種類・・・。。

自然派コスメ好きには魅力的かもしれませんが、

植物エキスは入れるだけアレルギーのリスクが上がります。

また色が付いているということを考えると、

結構多めに入っているのかもしれませんね。

そうなると刺激のリスクも考える必要が出てきます。

保湿剤と呼べる保湿剤は微量配合のコラーゲンやポリグルタミン酸あたりで、

セラミド類もプレミックス原料を微量に加えている程度と見れます。

ベースだけを見ればスクワランによる皮膜作用のある

非常にベーシックなクリームですが、

エキス類をあれこれと詰め込んだ為に相対的な安全性が低下しています。

そして価格も非常に高額になっています。

植物エキスをたくさん入れていると

植物の神秘のパワーみたいなものを感じてすごそうに見えますが、

実際にはアレルギーリスクがアップしていくだけなので

植物エキスは厳選されたものを数種類だけ配合するのがベターだと思います。

これは、ちょっと入れすぎですね…(-_-;)

大した効果も見込めないのに値段ばっかり高いという印象です。

商品名 あきゅらいず 秀くりーむ

成分 水、グリセリン、BG、スクワラン、タンジンエキス、セイヨウゴマノハグサエキス、オカゼリ果実エキス、ベニバナエキス、ポリゴナツムムルチフロルムエキス、スイカズラエキス、アマチャヅルエキス、ムラサキエキス、オタネニンジンエキス、オウレンエキス、コメヌカエキス、ローヤルゼリーエキス、カッコンエキス、ボタンエキス、アルテア根エキス、フユボダイジュ花エキス、アルニカ花エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、ホホバ種子油、ナタネ油、ポリグルタミン酸、水溶性コラーゲン、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、フィトスフィンゴシン、コレステロール、グリチルリチン酸2K、DNA-K、スーパーオキシドジスムターゼ、水添レシチン、ラウロイルラクチレートNa、カルボマー、キサンタンガム、トコフェロール、水酸化K、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール

価格 
50g 3682円

100g 6738円

あきゅらいずのスキンケアに欠かせない成分が「草根木皮(そうこんもくひ)たまり」。
中国に現存するさまざまな保湿成分を秘めているといわれる東洋ハーブを集めて、お互いの力を引き出し、日本人の肌質に適した配合を追求して生まれたのが「草根木皮(そうこんもくひ)たまり」です。水抽出法という、抽出のための薬剤を使わないこだわりの製法で、10種類の東洋ハーブをじっくり丁寧に抽出しました。両手いっぱいのハーブから抽出できるエキスはスプーン1杯。まさにお肌にやさしい成分だけを濃縮したエキスです。この「草根木皮(そうこんもくひ)たまり」は、あきゅらいずのシンプル3ステップの3商品【泡石】【優すくらぶ】【秀くりーむ】すべてに配合されています。

 
 

 

ランキングの投票にぜひご協力ください!
(投票は一日一回)

↓クリックでランキング投票&現在順位の確認ができます↓
(PC版表示でのみ得点が加算されます 詳しくは→こちら

↓モバイルの方はこちら↓
にほんブログ村 ヘアケア

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら

かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterにて美容情報・更新情報・素朴なつぶやき発信中です。
上記アイコンからのフォローをお待ちしています!
必ずリフォローいたします。
 

 

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/rik01194/entry-11891925932.html?frm=themeより引用させて頂いております。