情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

【をた/京アニ】あれからまた思うこと

【をた/京アニ】あれからまた思うこと

今さらだが自閉症の症状的なものを検索してて、ひとつ判ったこと。
知的障害を伴わないケースが高機能自閉症、言葉の遅れがなかったのをアスペルガー。
やっぱしおぢさんアスペルガー。
てか、言葉アウトの人は、たとえエロラノベでも作家やれないと思うけど。

落ちるとヤバイからやめとけって自分で判ってるくせに、それでもやはり視てしもうた昨日のクローズアップ現代。
ん……ダメぽ。でも最後まで視てしまうんだが。
俺は京アニの作品視たことねえし、その意味ではコメントする立場じゃねえと思うけども、アニメ視る者としては思うとこ、ある。

周りからみて、たとえばアホ呼ばわりされる作品でも、誰かが救われてたり幸せになれたりしてる。
サムライトルーパーなんか作画ひでえし、途中テコ入れでいきなり話変わるし、TV版が果たしていい作品と呼べたのかどうか、俺には判らん。輝煌帝伝説とMessageが名作なのは認めてる(つか異論は認めない)。
ただ、猛烈にのめり込んだし(トルーパーのためにテレビとデッキを新調しLDプレーヤーを導入した)、本当に命を救われただけでなく、人生が明るくなった。
マジで。
当時、希死念慮酷かったんよ。ガチ実行一歩手前レベル。
その時、ほんのひと言、どうってことない台詞で、いきなりダダ泣きに涙溢れてきて、なんか判らんが激うつを抜けてた。激うつ抜けのまんま微軽躁モードになったが。
だから今でもやっぱ拝んでるし、今は船長飾ってるポスターフレームの中にポスター納まってる。
銀英伝だってラノベのはしりと言われるが、やっぱし命救われてる。あれはもう本当にヤバかった。2か月くらい、毎日死のうと思ってて死ねなくて、絶望してる上に死ぬことすら出来ない自分にさらに絶望してて、泥沼の地獄だったのよな。
ほんと救われた。
……その感謝が脚本家や作家に向かないのは謎。俺が感謝するのはいつもキャラ。
神(?)の言葉を託宣として伝えてくれる『巫女』とか、そんな感じなんですかね。判らんけど。
確実なのは、作者に同じことを言われても、俺が浮上することはなかったろうなと。
ワンクッションって、時には大事なのかもしれん。
それが『作品』であったり『キャラクター』であったりすると。

そうして考えると、俺は視てねえけど、京アニの作品で初めて何かに気づいたり、大事なことを思い出したりって人は大勢いただろうなと。
人生変わった人も、もしかしたら俺みたくマジで死なずに済んだ人も、いたんだろうなと思う。
俺だって今サンライズ焼かれたら茫然自失だよ。うつ落ちどころの話じゃない。
現状、サンライズの作品に触れてはいねえけど、俺が羽柴に命救われたのは事実だし、この恩は一生もの。西武線に足向けて寝られねえよ。

もちろん、ただ好きだってだけでも十分いい。視て楽しい、嬉しい、大事なことだ。
これがあるから1週間頑張れる、これがあるからテスト頑張ってフィギュア買う、嫁に内緒でDVD、大いにアリだ。
人生に潤いは必要。その必要なものをもらえたんだから。

だから、俺自身は京アニとかご縁なかったが、喪失の痛みは多少なりと共有出来ると感じている。
過去作から最新までデータを全部やられたってのは、人間なら殺されたとイコールだ。
京アニは殺された。

ただ、生き物と違うのは、会社は、組織は、再起動出来るってことだ。
もちろんアニメーターだって単なる技術職じゃないから、才能集めなきゃならん。経験積まなきゃならん、簡単な道のりじゃない。

しかし受け継がれていくものがある限り、京アニが完全に失われることはない。

不幸にも多くの尊い人命が失われてしまったが。
それでもまた、復活してくれると信じる。
それが供養であり、手向けだと思う。

このあと、一方的な妄言が続く。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
そして多くの重傷者。

怪我すると、血や体液が滲んでくるだろ。
皮膚が体表を守ってる。SFアニメの○○スーツとか、そんな感じ。
火傷で皮膚をやられれば損傷した分、当然、体液が失われる。
地味にヤバイこれ。点滴ビシバシ入れて、失われる水分その他をを補わなきゃならん。水分失われて血が濃くなると血栓とか起こすし、傷口から異物が入っても血栓が出来たりするから、肺塞栓や脳梗塞で死んだりする。
細菌を生身から守るのも皮膚の仕事。広範囲にやられるといろんな細菌に感染する危険が増える。
火災の熱気を吸い込んでれば、喉や気管がやられる。呼吸不全。
(これに関しては短期間なら人工のガス交換機が使えるんじゃねえかな。酸素と二酸化炭素の交換をアウトソーシング。人工透析みたいなもんだったと思う)
痛みの方は、人工呼吸が入ってれば点滴、健常な皮膚に貼れるようならパップもある。
モルヒネの200倍くらい強い薬があるからさ、それを使えれば痛みの軽減は可能なんだろうが。
手の親指の第1関節外側に160度の油がかかっただけで、初日は痛すぎて眠れなかったからな。
広範囲なんて聞いただけで血の気が引くよ。

ひどい例えをするが、厚めの肉を焼いて、冷めねえように置いておくと『余熱で火が入る』だろう?
あれは火傷も同じこと。
だから『すぐ冷やせ、余熱を抜け』ってことなんだけども。
重度熱傷患者用の水風呂があるんだが、あー……通常、ER1軒に対して2台もありゃあ上等、混浴不能、おひとり様専用。
こっちの市民病院には1つしかなかったぞ(内覧会で見た)。大学はどうかな、データねえから判らん。

重度熱傷の対応ってのは、ほんと厄介なんだよ。多重交通事故の比じゃねえ。
基本の機材が足らん。いくらERでもそこまでの大火災は想定してない。
つか、何でも想定してたら、病院の規模がとんでもねえことになるが。
旗艦級戦艦くらいのサイズになるんじゃねえかな。
もういっそERに特化した病院作るか? ヘリポート2つ置いて。
ヘリなら巡航180km/hくらいで飛べるもんな。
本当は200over出るんだが、重たい機材と人員積んでるから180くらいで限界だったと思う。
それでも救急車より圧倒的に速いし渋滞もない。
大学に行くとたまにヘリの離着陸があって、すげえ音する。突然響けば患者を拾いに行く、遠くから近づけば患者を連れてきた。それくらい判る。
現場にヘリポート要らん。近くの校庭とかに患者運んで、降りたヘリに乗せてGO。
……そーゆう施設も必要な時代なのかもな。
どこもかしこも激混みじゃん、ER。
心臓ヤバイつっても、たとえ10分以内に救急車が着いても、病院までたどり着くには小一時間ですよ。付き添いで2度乗ったけどね、どこが救急なのかと小一時間悩む余裕は十分にあったね。

第4次救急なんてのが、そのうち出来るかもな。
3次は今の救命救急センタークラス。
医療機関は3クラスに分かれてて、本当は軽いレベルで救命センターとか行っちゃダメなんだぞ。
とはいえ、骨折でも骨が露出するような奴だとヘタ打ちゃヤバイし、一概に言えねえのが難しいとこなんだが。
意識不明でヤバイ死にそう! って患者が糖尿病の場合は、インスリンかブドウ糖の注射でケロッと治るし。

——話、めっさ逸れてるね俺。

うん、つまり、重度熱傷はガチでヤバイんですよ。
ケロイドになって突っ張るしね。
足首に低温熱傷で作った500円玉くらいのケロイドがあるんだが、ここ、無感覚。
低温熱傷も厄介でさ、じんわりと奥まで熱が入るんで、痛みとか感じねえうちに大やけど。傷が深くて神経イっちゃったのだな。
正常な皮膚は再生しなかった。うっすいの。生身の上に厚手のラップ1枚? みたいな。
これ、季節によってはキツイんじゃねえかな。閉じる毛穴とかないから冬場は体温逃げるだろ。汗腺もないから汗かけねえし。
皮膚と脂肪層には保温の役目もあるから、広範囲のケロイドになると厳しいと思う。
当然、皮膚移植も必要。いっぺんには出来ねえだろうから、何度にも分けて。
大昔は他人様からのご厚意で頂戴してたが、今は自前のを培養してシートにし、七夕飾りみたく細かい切れ目入れて伸ばす、で、貼ると『小さい傷はすぐに修復出来る』し、拒絶反応もないんで、昔に比べればよい。
だからって元通りにはならんけどさ。
重傷だと何かしらの不自由は残ると思う。

それを思うと、安易に『早くよくなりますように』なんて言えなくなるんだよな。
俺もつい『快癒』願っちまったけど、火傷は甘くねえんだよなって。
皮膚って大事なんだよ。
たるんだとかシワがどうとか、ボケてんじゃねえよと。健康な皮膚に感謝しやがれ。

その健康な皮膚をむしるバカがここにいます。
や、ずいぶん落ち着いたけどさ。
リーマス100でも案外いけるかも。

飲み込んだ毒を吐き出すのも大事なことでな。
こうしてブログに吐き出すのも、今の俺には大事なことで。
「そーいや入院中にコード・ブルー2回聞いたなー」とか。
あれ「手が空いてる奴全員来い!」ってコールだから、なかなかの非常事態だ。
「多重事故でも起きたんだろーな」と。
確か、俺の記憶が正しければ、うちの大学のERには救急医が20人くらいいるんだが、公休の医者もいるだろうし、多重事故になると手が足りんもん。
基本、手術には医者3人必要だかんね。3人休みで17人、手術患者が3人入ったら残り8、ところがすでにいる患者の対応も必要なので、臨床パンク。
猫の手どころか雀の足だって借りたい。
ERにとって、重傷者が複数起こしあそばすと、一気に首が絞まるんです。

ぶっちゃけ、規模に対してスタッフが少ないせいですけどね。
十分な人手を確保するには金がかかるんです、ええ、結局金の問題ですチクショーめ。

なんか、いきなりやさぐれた。

ICUの生命維持装置、高級外車1台買えるんだよ。
ERってものすげえ金食うの。あれ赤字だよマジ。ICUてな、自費で払うと1泊でスイートルームくらいの値段だよ。10万とか。
全身熱傷の治療なんか、金を湯水のように注ぎ込まなきゃ出来ない。
もちろん保険があるし、高額医療費をする制度もある。
補助がなきゃ死ぬよ、おそらく全身の重度熱傷だと1000万以上かかる。犯罪被害なので皆保険はきかない(助成があるから全額負担はないはず)。
俺が肝臓手術した時は入院費込みで30万くらいだった。
すげえ落差だよな。
俺なんか腹掻っ捌いて縫っただけだから無問題だったが。

無駄話も多かったが、火傷ってのは本当に厄介で危険だ。
痕だって残るし動きに不自由が残るかもしれん。
後遺症は大きい。
とてもじゃないが、気安く快癒なんてのを願えるもんではなく。
我ながら軽々しく書いたもんだ、反省の余地あり。
被害者には一生、傷とトラウマがつきまとう。

犯人、極刑じゃ足りねえよな、マジで。
さすがにキチガイ無罪は通らんぞ。
それこそ処刑台の下に救急医3人くらいおいといて蘇生してまた吊るって出来ねえのかな。

出来ねえんだよねー。窒息じゃなく延髄の断裂でほぼ即死だからねー。

全っ然釣り合ってねえ!!!!

だが、法に正義があるのなら、正しく裁いて欲しい。

治りかけたカサブタを剥がす刑があればいいのに(おい

以上、何の意味もない垂れ流しに最後までお付き合い、感謝。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://bipolar-tang.blog.jp/archives/19009016.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »