『神秘の秘薬』

2014-06-09 11:33:31
テーマ:
一日一回のランキング投票にご協力ください。

↓クリックで投票完了↓


『化粧品』

ってすごく神秘的ですよね。

お肌を綺麗にしたり

髪を美しく整えたり、

TVCMとか雑誌なんかでは

「細胞がよみがえる!」

「肌が若返る!」

というようなことを言っているものもあります。

化粧品にはなにやら神秘的な効果が秘められていて、

僕達の理解では及びもつかない

魔法のような力があるのではないか・・・

少なくとも僕は化粧品のことを何も知らない頃、

そんな風に思っていました。

これを読んでくださっている多くの方々も、

そんな風に思っていた/思っているのではないでしょうか。

ですが実際には、

化粧品の効果というのは魔法のようなものでも何でもなく、

科学的に予想されたものであり、

科学的なメカニズムを伴ったものでしかありません。

化粧水や美容液は

『水』と『アルコール』で90%以上が構成されており、

残りの10%未満は

『界面活性剤』や『油』、『防腐剤』『香料』など

蓋を開ければメカニズムがはっきりした化学物質が目白押しです。

『保湿作用』というのは

アルコールや糖類が持つ『ヒドロキシ基』

水と結びつきやすい性質を持つことから得られます。

さらに水に溶かしてイオンになる物質も、

水と結びつきやすい性質があるということです。

それらの水溶性物質にゲル化剤などを加えていけば、

簡単に保湿作用をもった液体が作り上げられます。

シャンプーやボディソープは

『界面活性剤』という物質が、

水と油を混ぜあわせ

水の表面張力を弱める働きを応用したものです。

大量の水の中に界面活性剤を10%や20%ほども加えることで、

不思議な泡立つ液体が完成するのです。

本来化粧品は

成分の性質からその効果を予測し、

自分に見合ったもの、

自分に必要なものを選ぶべきものです。

ですが実際に中身を知ってしまえば

ほとんどの化粧品には大げさな効果は無く、

神秘的な効果も無く、

わざわざ高いお金を出してまで買う必要が無いものばかりです。

むしろ化学物質それぞれの危険が隠れていたり、

効果の裏にある副作用が隠れていたりするのです。

化粧品を作る側はそれを当然知っています。

もし消費者がそれほどまで化粧品に慎重になってしまえば、

化粧品業界は大きく傾いてしまうでしょうね。

だから彼らはそれを必死に覆い隠し、

宣伝や広告で神秘的なイメージを植え付けているのです。

僕たちは一度考え方を改めなければなりません。

そして認識し直す必要があります。

化粧品というものは

『神秘の秘薬』

などではなく

『化学物質の凝集体』

なのだということを。


ランキングの投票にぜひご協力ください。
(投票は一日一回)

↓クリックでランキング投票&現在順位の確認ができます↓
(PC版表示でのみ得点が加算されます 詳しくは→こちら

↓モバイルの方はこちら↓
にほんブログ村 ヘアケア

解析依頼はここから

※アメンバー限定です。

かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!

詳しい利用法について→こちら

かずのすけのオススメまとめページ

かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!

定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。

ぜひご利用ください!
オススメの解析

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

Twitterにて美容情報・更新情報・素朴なつぶやき発信中です。

上記アイコンからのフォローをお待ちしています!

必ずリフォローいたします。

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/rik01194/entry-11874451208.html?frm=themeより引用させて頂いております。