情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

「働かざる者」ではなく「働こうとしない者」

「働かざる者」ではなく「働こうとしない者」

「働かざる者、食うべからず」

聞いたことが誰しもあるフレーズでしょう。

最近これ、私としては「嫌な感じ」に使われているなぁ、、と思わざるを得ないタイミングが少なくないんですよね。
自らの意志によって働かないのではなく、働きたいが、しかしどうしても働けない人へ向かってのことばとして使われている場合があるように思えて。

このフレーズの語源は新約聖書にあります。
そこには「働こうとしない者は、食べることもしてならない」と記してあります。
「働こうとしない」のと、「働きたいが働けない」のでは全く意味が違うじゃないですか。
日本ではどうして「働かざる者」となって広がっていったのでしょうねぇ。。

働きたいけど働けない人はたくさんいます。
はたから見れば働けそうでも、内実は働けない人もたくさんいます。
「自分は働きたいと思っているけど働けない。でも社会はなぜ働かないのか?という目で見てくる」というギャップに、ずいぶんとつらく苦しい思いをさせられることでしょう。

確かに働こうとしない人は実際存在するのでしょうけれど、働いていない人が100人いたら100人がそういう人ではありません。
働けない自分にさまざまな葛藤を抱える人は少なくないでしょう。

「働かざる者、食うべからず」
「働かざる者」ではなく「働こうとしない者」として解釈する社会でありたいなぁ、と思っています。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://shiori-sendai.blog.jp/archives/20443639.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »