情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

「エレファントマン」から学ぶ、社会不適合者流の処世術

「エレファントマン」から学ぶ、社会不適合者流の処世術

ネットを眺めてると
「自分より下の人間をみると安心する」
みたいな意見をたまに見かけるんですけど
ぼくは、その感覚がよくわからないんですよね
いままで働いてきて
まれに、自分より仕事が出来ない人とか
物覚えが悪い人に遭遇するのですが
だからといって
安心感なんか全然なかったですし
ていうか、自分のことで精一杯すぎて
他人がどうだろうが
気にしてる余裕がないんです。

基本的に
ぼくは自分より下の人間はいないと
考えるようにしていて、むしろ
自分以外の他人は何らかの形で恵まれてる
と思っています。

逆に言えば
自分が最も無価値な人間だと
考えた方が安心できるんですよね。

この人生においては
プライドが足かせにしかならなくて
生きる上で邪魔でしょうがないんですよ。

他人様の何気ない
態度や言葉に勝手に
傷ついたりもするのですが
尊厳を踏みにじられたように感じる
自分が心底くだらなくて
お前、まだ自分に価値があると思ってんの?
いい加減にしとけよカスが

などと、心の中で自分を叱責することで
乱れた感情を鎮めるようにしています。

51-gIT-43mL._AC_

エレファントマンという
デビッド・リンチ監督の映画があるのですが
エレファントマンを初めて鑑賞したとき
これってぼくの話じゃん
と衝撃を受け号泣しました。

エレファントマンの
あらすじをざっくりと説明すると
奇形に生まれ
見世物小屋で働かされていた主人公が
医師に保護され
人生で初めて人間らしく扱われる
という内容なんですが
可哀想とかいう他人事の感情ではなく
場面のひとつひとつが
自分の人生と重なって
結末を含めて
めちゃくちゃ共感できたし
学びが多かったんですよね。

まあ、ぼくはエレファントマンの
主人公のように
奇形に生まれたわけでもなく
5体満足のただのクズなんですけど。。。

自己肯定感が低いと
様々な弊害があるのでしょうが
ありのままでいいとか
無理しなくてもいいなどと
嘘くさいポジティブさで
中途半端に自分の価値を認め開き直るよりも
ぼくの場合は
自分をとことん無価値だと思いこむ
ことによって
惨めな人生をある程度は冷静に引き受けることが
できているというか
ちょっとした親切にも
感謝できるようになったように思います。

というわけで
「エレファントマン」
自己無価値観に苦しむ方に
おススメの一作です。

では。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/a_rakugaki_a/archives/3024879.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »