情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

●PDTって何?吹き出物治療

●PDTって何?吹き出物治療

●もとは皮膚ガンの治療に使われていた技術(吹き出物の治療)

吹き出物も治すのは大変ですが、
PDTは、もともと癌の治療のために行われていました。
日本でも、70年代から肺ガンの治療として行われ、
90年代になってからは体内に存在するある種の
アミノ酸を使うことでより安全性が高まりました。
現在、日本のPDT治療の。現在、H本のPDT治療のレベルは、海外と比べても非常に優れたものです。

私がPDTに出会ったのは、今から8年前、フランスのパリ・サンルイ医院の美容形成外科に
留学していたときでした。
当時私は皮層ガンを専門にしていました。

その頃ガンの治療法といえば、手術や放射線治療、あるいは化学療法が主流でしたので、
何か画期的な治療法がないかと日々頭を悩ませていたんです。
だからPDTの存在を知ったときは、胸躍ったものです。

96年に帰国したのち、さっそく防衛医大の倫理委員会の認証を得て、
皮膚ガンの患者さんに治療を試みました。
主に初期の皮膚ガンと、末期ガンの患者さんが対象です。

初期ガンの場合、前癌病変が消えてしまうことがありました。末期ガンの場合も
悪性の腫瘍が徐々に良くなっていく例が見られたんですね。
多くの症例に治療効果が得られたことに自信を得た私は、さらにPDTに関する研究を進めていきました。

そのうち、PDTを行うときに服用する、アミノ酸の一種『アミノレブリン酸』が、
毛包皮脂腺に選択的にとり込まれるということが分かってきたのです。
この性質を応用すれば、吹き出物の治療ができるかもしれない…
そう思いついたんですね。ガンの治療から、思わぬ副産物を発見したわけです。

これが吹き出物の治療の画期的な発明の経緯でした。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/fukidemono2/archives/7831870.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »